ウエダリクオ 2018年 展覧会の予定

ウエダリクオ氏の2018年の展覧会予定です

今年は、世界を駆け巡って4つの展覧会が開かれます。

クンストステーション サンクトペーターケルン(ドイツ)

5月17日より7月15日

ドイツのケルン市内にあるカトリック教会、サンクトペーターケルンにて個展。

サントペーターケルンは、アートステーションとしても有名であり、現代美術の巨匠ヨーゼフボイスの個展もこちらの教会で開かれました。

ミサで流れるのは現代音楽という、ユニークなカトリック教会です。(写真のネオンサインもアーティストの作品。)

ウエダさんの個展のオープニングでは、現代音楽作曲家の玉城正紀氏がパイプオルガンを演奏されます。

パイプオルガンから出る風を使って、音にフィードバックがかかる実験的な試みになるとのことです。

(ウエダさんの個展はいつも実験的ですね。)

Kunst-Station Sankt Peter Koln

Title : letters
Term : 17 May -15 July 2018
Opening : 17 May 2018 19:30 (Opening events : Masanori Tamaki)
Address : Jabachstrase 1, 50676 Koln Germany

アート デー ビーニンゲン  (スイス)

8月25日、26日。

スイスの北部、バーゼル市内のビーニンゲン在住コレクターのオフィスでの展覧会です。

ウエダリクオ氏と、ドイツ作家Gerhard氏との2人展になります。

Gerhard氏は雲を追いかけることを作品としておられるそうで、風のアーティストとは相性が良さそうですね。

作品は、アーティストの為のゲストルームに宿泊して制作されます。

ゲストルームというのは、コレクターの方が、アーティストを呼ぶために、自宅とオフィスを新築する際に特別に作ったとのこと。

コレクターが、アーティストを呼んで、作品作りをしてもらって、パーティーも開くなんてのは、さすが、アートが生活に根付くヨーロッパ、というかんじがしますね。

週末に、コレクターのオフィスに作品を展示して、パーティーが行なわれます。パーティーには、ティンゲリー美術館のキューレーターも来られるということです。

Art day Binnigen
Term : 25,26 August
Address : Basel Swiss

第1回タイビエンナーレ : エッジオブザワンダーランド(タイ)

11月2日から2019年2月28日まで。

タイで初めての、現代美術ビエンナーレです。

西海岸のクラビの屋外にて、4ヶ月間行なわれます。

>>Thailand biennale

The First Thailand Biennale : Edge of the Wonderland
Term : 2 November 2018 – 28 February 2019
Address : Krabi Thailand

>>こちらにも以前書かせて頂きました

ギャラリーいろはに(堺市)

12月10日-24日

一昨年より、行なわれている地元堺での個展です。

今年は、どんなびっくりな作品が展示されるのでしょうね。楽しみです。

>>昨年の様子

590-0953 堺市堺区甲斐町東1-2-29

>>ギャラリーいろはに

Title : letters
Term : 10 – 24 December
Address : 1-2-29 Kaichohigashi Sakaiku Sakai 590-0953 Osaka Japan
Tel/FAX 072-232-1682

ぜひ、ドイツにスイスにタイに堺に、ウエダリクオさんの応援にまいりましょう!


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.