ドレスデン美術館でのウエダリクオ氏

2015年11月、ドイツのドレスデン美術館の展覧会に呼ばれて、ウエダさんはドイツに行っておられました。

601 IMG_4905

このお城の中に美術館があるんです。

KUPFERSTICH-KABINETT DRESDENという名前の美術館です。

http://www.skd.museum/de/sonderausstellungen/disegno/index.html

版画とドローイングのコレクションに関しては世界一だそうです。

展覧会のオープニングでは200人以上の方が来られて賑わっていました。

604 P3246466

(キュレーターの人とツーショット)

作家は13人。(敬称略)

Ines Beyer, Marc Brandenburg, Frirderike Feldmann, William Forsythe, Olaf Holzapfel, Korpys / L?ffler, J?rgen Krause, Rei Naito, Frank Nitsche, Mario Pfeifer, Santiago Sierra, Gert &Uwe Tobias, Rikuo Ueda

日本人ではウエダさんと、内藤礼という人が出品されています。

ウエダさんは特別扱いで、ウエダさんだけの展示室があったらしいですね。スゴイ!

Disegno_11_2015_MG_8720_davidpinzer

photo by David Pinzer. KUPFERSTICH-KABINETT DRESDEN

入口のモニターや吹き抜けのバナー、各階入口の案内、ホームページのトップページ、フライヤー等、全てにウエダさんの作品が使われていたそうで、ちょっと別格扱いですね。

今後のさらなる活躍に注目です!

ウエダリクオ氏(RIKUO UEDA)に関するお問い合わせは

mail@gondolaltd.com (龍野)まで、お気軽にどうぞ!


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です