現代美術とインスタレーション

インスタレーションという言葉は、ウエダさんに聞いて最近初めて知りました。

「場所や空間全体を作品として体験させる芸術」(ウィキペディアより)のことなんですね。ウエダリクオさんも展覧会の作品などは、インスタレーションの作品が多いです。

DSCF8088

混沌製作所の展覧会もインスタレーションでした。会場がアトリエ兼倉庫になると、展示していたパーツは残っていても展覧会の作品ではなくなってしまいました。

写真とビデオには残っていますが、実物を感じることはもうできないわけです。

海外の展示でも、展覧会の期間中だけの作品ということになって、展覧会が終わると部品が箱詰めになって返却されてくるそうです。返ってきても場所がないんで、箱のままです。

額に入った作品は、一度作ると世界のどこかでずーっと残るわけですけど、インスタレーションは、いっときだけのもので、なくなってしまいます。侘び寂びですねえ。生け花みたいなものでしょうか。

本人が場所や空間にあわせて作るしかないので、本人の死後には再現できないということになります。

違う人が、おんなじようにパーツを並べたところで、本物とはいえないでしょう。

まさに一期一会なのがインスタレーションといえましょう。


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です