堺アルテポルト黄金芸術祭2016 閉幕

堺アルテポルト黄金芸術祭が閉幕いたしました。

はっきり言って、開幕も閉幕もなんだかわからないうちに、という感じだったんですけど、私はけっこう会場を回りました。

ウエダリクオさんの作品が展示されていた山口家住宅、妙法寺だけでなく、利晶の杜、開口神社、アゴーラリージェンシーホテルなども行ってみました。

DSCF5288

(妙法寺 ウエダリクオ)

DSCF5276

(妙法寺)

DSCF5277

(妙法寺 スティーン ラスムッセン)

DSCF5417

(利晶の杜)

DSCF5433

(利晶の杜)

DSCF5407

(開口神社)

DSCF4809-001

(アゴーラリージェンシーホテル)

美術館さえない堺市では、こういった芸術祭は初めての試みであり、広報活動もいまいち、盛り上がりもいまいち、といった印象は拭えませんでした。

どちらの会場も、ほとんどの人にとって、たまたま来たら、なにかやってた、みたいなかんじだったんじゃないでしょうかねー。

まあ、第一回目、ちいさく始まったということで、いいのではないでしょうか。

第一回だけで終わったら、幻の芸術祭になってしまいそうですが、30年も続ければ、堺にも芸術が根付いてくることでしょう。


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です