Wind drawing

ウエダリクオさんの作品は、風が描いてくれるということで、自分で描くのはサインだけ、ってことなんです。

これが本当の、風流というのでしょうか?

はがき大のサイズから、超大型のサイズまで、いろいろ作られていますが、初めて見た時は、なんだか意味がよくわかりませんでした。現代美術ってそんなものでしょうが。

DSCF1344

葉っぱにくくりつけられたペンが、ゆ~らゆらと好きな様に線を描いていくんですね。

その時によってまったく模様は違っていて、おっこれはいいな、とか、これは和むなあ、とか、いろいろ見比べているうちに、見る目が養われてくるような気も、します。

森のなかとか、井戸の上とか、庭園とか、ガラクタに囲まれたバックヤードとか、つくられた環境によって作品の雰囲気とか、メッセージ性とか、特徴がでるのか、でないのか、よくわかりませんが、私はこの作品がわりと好きです。

DSCF0683


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です