本人ブログ「遠き山に日は落ちて」第1話「微風」

微風

其の1

用もないのに、フェリーターミナルの待合室へ行ったことがありますか。

用もないのに、空港へ行って喫煙所で煙草を吸ったことがありますか。

用もないのに、電話ボックスへ入り受話器をとったことがありますか。

用もないのに、スーパーへ行って食品棚の白い冷気を撫ぜた事がありますか。

僕は、ないです。

草原でねころぶと、緑のそよ風がほほを撫ぜて通ることは知っています。

其の2

泉南のアトリエから車で10分ほどのマーブルビーチへ、昼過ぎからでかけた。

いつもはウインドサーフィンの人達でいっぱいの、海に面した駐車場が、今日は閑散としていた。

車を停めて、風でドローイングを描くために、羽を組み立てはじめた。

羽といっても4m程のアルミの物干し竿に傘と綿布を取り付けただけのもので、これを窓から車内へつっこむ。

物干し竿の先端にオイルバーを付け、風にまかせてドローイングを描いていると、すぐ前に濃紺の乗用車がとまった。

両側のドアが全開になり、風がぬけていくのがわかった。

まだ2月だが春のようにあたたかい日だった。

車内の空気がいれかわったころ、初老の夫婦がおりたった。

ベージュのパンツにダックシューズをはいた少し大柄の老人が近づいてきて、僕に、何をしているかと聞いた。

「えぇ、まー…絵を描いているというか、そのー…」

説明にこまっていると、「絵を描いているそうだから、あなたも見せてもらいなさい」と、奥方をよんだ。

僕は、自分が釣り人のように思えた。

釣り人を見つけると、何が釣れているか知りたくなるものである。

老人は、車に戻ってボンネットの上で何かを書いて、「下手なのですがこれつくりました」と言って、僕にくれた。

青いチラシの裏に書かれた俳句が、海からの風でカサカサと音を立てた。

きょうはとてもいい一日だった。

2001年2月

リクオ


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください