キール美術館の展覧会 遠隔設置

9月14日より、キール美術館での展覧会の作品設置が始まります。

が、コロナの影響で、ウエダリクオさん自身は現地に行けないのです。

そこで、なんと、スカイプを使って、現地スタッフに指示を出し、設置してもらうのだそうな。

当初予定していた現地制作の構想は無理ということで、遠隔ならではの別のアイデアということで、さて、どんなことになるのか楽しみですね。

優秀な美術館のテクニックスタッフは、レーザーを使って位置決め。

展覧会情報
開催場所:キール美術館 ドイツ www.stadtgalerie-kiel.de
変容のリンク、日本と北ドイツの現代美術の位置
会期 : 2020年9月26日 ~2020年11月29日 Sept 9 ~ Nov 29, 2020
参加アーティスト
ウエダリクオ (大阪)、 Konstanze Fokto (キール) 、Janine Gerber (リューベック) 、谷口顕一郎 (ベルリン) 、手塚愛子(ベルリン)、大崎のぶゆき (愛知)

Stadtgalerie Kiel : Andreas-Gayk-Str.31 , D-24103 Kiel T +49(0)43 901 3400  www.stadtgalerie-kiel.de
Linking Transformations. Positions of Japanese and North German Contemporary Art
Sept 9 ~ Nov 29, 2020
Artists
Janine Gerber (Lubeck) Nobuyuki Osaki (Aichi) Kenichiro Taniguchi (Berlin) Aiko Tezuka (Berlin) Rikuo Ueda (Osaka) Konstanze Fokto (Kiel)


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください