ウエダさんの奥様の不調と展覧会の延期

ウエダリクオさんがウインドドローイングをはじめてから、今年で20年ということです。

それで、展覧会予定がいろいろあったのですが、延期になっています。

延期には事情がありまして、実はウエダさんの奥様の体調がよくなくて、ただいま、入院されているのです。

ウエダさんも毎日病院通いで、海外の展覧会に出かけられないという事情なのです。

(フランクフルトでのグループ展だけは、ハンブルグのギャラリーにある作品が出品されます。)

認められたら現代美術じゃない、なんていっておられる芸術家を、ながらく内助の功で支えられてきた奥様でありまして、あまり表に出られることはないですけど、いつも裏方で支えておられたように、ファンクラブ会長である私には見えました。

ちょっと芸術活動は休んでも、ここは奥様を大事にしていただきたいですね。

私も、自分の妻が入院していた時期がありますもので、ウエダさんの大変な様子とかお気持ちはわかるような気はします。

ただただ、奥様の回復をお祈りするばかりです。

(一昨年、ウエダさんちに芸術家が集まってBBQでのひとこま。)

追記

ウエダリクオさんの奥様、植田栄子さんは、平成29年5月12日、永眠されました。ご冥福をお祈りいたします。


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.