ウエダリクオさん、帰りも波乱

紆余曲折を経て、ボン美術館での展示、オープニングを乗り切ったウエダリクオさんです。

帰りは平穏無事にとお祈りしておりましたが、またまた波乱が。

ボンからケルンに着いたところで、電車の運転手が襲われたとのこと。

ウエダさんは、電車から降ろされてしまって、さあ大変。

陸続きのウクライナではエライことになっているし、どうなるのでしょうか!?

つづき

2月26日

ハンブルクにたどり着き、空港にゲートイン!

つづき

一安心と思ったら、ヘルシンキで乗継ができなくなり、一泊。

帰りのフライト前に予約をとっていた帰国用のPCR検査を受けたら、結果の証明がメールで届いたのがおよそ12時間後。メールからダウンロードするのに1時間。印刷するのにプリンターが壊れてまた1時間。

真夜中になってしまったということでした。

つづき

2月27日

まだ、ヘルシンキのホテルにおられます。

東京行きの予定でしたが、バンコック経由で関空に変更。

また乗継があるので、安心できない状況ということです。

陰性証明の期限が間に合うのか?


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. かとうひろこ より:

    え~、えらいことですね、運転手が襲われた
    ちゃんと帰れますよう祈るばかりです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください