サンクトペーターケルンにて個展

5月17日より7月15日は、ドイツのケルン市内にあるカトリック教会、サンクトペーターケルンにて個展です。

ウエダリクオさんは、5月4日より、関西国際空港よりドイツに飛び立たれました。

いまごろ、現地では、準備で大忙しでしょう。

日本にいる間からも、現地での実験的個展の実験に苦心されておりました。

(教会の模型を作って実験しているウエダ氏)

パイプオルガンによる音の振動で、ウインドドローイング装置が動き、そのドローイングを見て、玉城正紀氏がオルガンを即興で弾き、その音がまた筆を動かし、その動きがまた音楽になり、どんどん増幅されていってものすごいことになる、はず、だということなのですが、もしかすると何も動かず、オルガンも鳴らさないかも、ということなんです。

それもまた良し。(ええ~っ!)

個展のテーマは”letters”

ウエダさんが天国へ旅立たれた奥様にお手紙を書きました。

天国から返事が帰ってくるだろうか?

(堺市の混沌製作所にて。)


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください