ウエダリクオ個展 堺 ギャラリーいろはに “letter”

Solo Exhibition / Gallery IROHANI / Sakai , Japan
個展/letter/ギャラリーいろはに/堺、大阪

2018年12月8日~12月24日
コラボレーション 玉城正紀 12月8日 18:00~

今年5月から7月まで行われた、ドイツのカトリック教会、サンクトペーターケルンで行われた個展の、ミニチュア版です。

ドイツでは、教会まるごとひとつが会場となっており、8000本のパイプを持つパイプオルガンの現代音楽が鳴り響いておりましたが、日本の堺の商店街にある小さなギャラリーでは、そこまで大掛かりにはできないものですね。

でも、普段は、壁にいくつもの絵がかけられているギャラリーに、個展期間中、展示されているのは、この作品ただ1つです。

受付の記帳はこんな感じ。水で記帳する芳名録。

乾いたら誰が来たのかわからないのでは??

名前が消えても、来場人数は把握できるのかもしれませんが、うちの娘は何枚も書いてました。

まさに水増し。笑

12月8日のオープニングでは、玉城正紀氏の現代音楽とのコラボレーションでした。

パイプオルガンはないですが、玉城さんの自作?の楽器とか、いろいろ使われて、摩訶不思議な音楽。

音を拾って、天井から吊り下げられた竿が微妙な動きをし、先のペンが、水に浮かべてある台の上の紙に、絵を描きます。

現代美術と現代音楽との融合、コラボレーションです。

下は、サンクトペーターケルンでの、演奏の様子。

オープニングのあとは、パーティーがありました。

ワインや、ビールや、おでんや、うどんや、いろいろあって楽しいパーティーでありました。

来場は30~40人くらいおられたでしょうか?

大盛況の賑わいでした。

上は、ケルンでの様子を壁に上映して説明するウエダリクオ氏。

“letter” Rikuo Ueda at Sankt Peter Koln

下は、うちの娘(小学1年生)が、スケッチした、玉城氏。

よく特徴を捉えております。(とくに頭部)

ギャラリーいろはにでの個展は、12月24日まで。

なお、12月15日(土)には、クリスマスコンサートが行われます。

18:00~

藤原士郎(チェロ)中本吉啓(クラリネット)井阪あゆみ(電子ピアノ)

チェロ・ソナタ、オリーブの首飾り、クリスマスメドレー他。

大人1500円、学生1000円、小学生以下無料。

ギャラリーいろはに

堺市堺区甲斐町東1-2-29 (山之口商店街中程)

電話:072-232-1682

>>ホームページ

うちの娘が描いた、ウエダ師匠。


応援クリックお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください